塗装技術の向上で高まる期待感|職人がしっかりと見極めて施工します

color for house

状況に応じて

外壁塗装を行う塗装の種類

color And quality

住宅や会社等の、建物の外壁は年数が経つにつれて劣化していきます。特に、サイディングに塗装を施した外壁は、劣化が目立ちますので、定期的な外壁塗装が必要となります。 そこで、今回は外壁塗装の方法や塗装の種類について、書いてみたいと思います。 外壁塗装の方法には、主に二種類の方法があります。一つは、専用の機械を使用して、外壁に塗料を吹き付けながら塗装を行う、吹き付け塗装という方法です。 もう一つは、専用のローラーに塗料を付けて、ローラーで外壁を塗装する方法です。 それぞれの方法では、施工する建物の種類や周りの環境、塗料の費用等で変わってきます。吹き付け塗装は、機械の音がうるさく、周りに塗料が飛び散る為に住宅地等では、あまり使用しません。 一般の住宅等は、ローラーで塗装する場合が多いです。それには、ローラーの塗装方法のが費用が少なく、騒音等で近隣住民の迷惑にならないからという理由があります。 今後も、一般住宅や住民が多く住んでいる地域での外壁塗装は、ローラーで塗装する方法が多く使われていくでしょう。

塗料の種類とその特徴

外壁塗装に使用する塗料にも種類があります。大きく分けて二種類の物に分けられます。一つは水型の物で、もう一つは溶剤型の物です。 水型の物は、塗料を使用する時に水等で希釈して使用します。一般の住宅等には、こちらの物が多く使われます。 溶剤型の物には、1液型と2液型の物があります。1液型の物は、塗料のフタを開ければそのまま使用する事が出来、2液型の物は、塗料の原液に硬化材等の液体を混ぜて使用します。2液型の物の方が、塗装が長持ちします。こちらは、橋や街灯のポール等、なかなか塗装が出来ない場所に多く使用されます。 溶剤型の物は、耐久性が良くて長持ちするのですが、シンナー等が含まれている為に異臭があります。その為、住宅等に溶剤型の塗料を使用してしまうと異臭を放ってしまう為、気を付けなければいけません。また、美観的にも水型の塗料の方が優れていますので、住宅等には水型の塗料を使用した方がいいでしょう。

ページのトップへ戻る